孤独感・疎外感を感じたら危ない?うつの前兆?

広告

 

人は孤独感・疎外感を感じた時、つい冷静さを失いややもすると奈落の底に突き落とされたような絶望感すら感じる時があるのではないでしょうか。今回は孤独感・疎外感を感じたら危ない?うつの前兆?について触れてみましょう。

 

 

孤独感・疎外感はどんな人でもあります

 

 

まずは冷静に分析する

RondellMelling / Pixabay

 

貴方はどんな時に孤独感・疎外感を感じたりしますか?

職場での孤独感・疎外感、家庭での孤独感・疎外感、または親しい仲間や集団での孤独感・疎外感などいろんなケースがありますが、その原因が自分にあるのか又は相手や周りの環境なのかを冷静に分析しましょう。

広告

 

貴方はこれまで自身の分析をしたことがありますか?

評価は簡単にできるのですが自己の評価は意外と難しく、分析しにくいものですね。

職場で貴方の何気ない言動や態度が周りに不快感を与えていないでしょうか。

貴方にとっての常識が周りの人々の非常識になっていないでしょうか。

貴方は何も感じなくても、周りの人や他人は貴方という人間を冷静に分析しているのです。

貴方自身が欠点や改善点に気付いたなら速やかに克服するようにしましょう。

 

 

大切なのは協調性です

rawpixel / Pixabay

 

職場または仲間や集団の中で貴方の個性が出すぎていませんか?

個性は大切ですが、仲間や集団ではまず第一に求められるのが協調性です。

日本の企業では大多数がこの協調性を重要視する傾向があります。

協調性とはいろんな定義がありますが、ひとことで言うと集団やグループに溶け込むということです。

現代社会においてこの協調性とはいろんな人とうまくコミュニケーションをとり仲良くやっていくことなのです。

貴方が協調性を優先できないのであれば、貴方はその集団から「浮いた」存在になるでしょう。

これこそが貴方を襲う孤独感・疎外感の原因ではないでしょうか。

 

 

体と頭を動かすよう心掛ける

Free-Photos / Pixabay

孤独感・疎外感に苛まれた時、人はどうしても暗くなりがちです。

そのことばかりを考えて、仕事に集中できなくなったり、十分な睡眠がとれなくなったりそこにはマイナス要因だけが働きます。

 

生活リズムの変化をもたらす

そんな時は生活パターンとリズムを思い切って変えてみてはどうでしょうか。

普段よりも1~2時間早起きして体を動かしたり本を読んだり、いろんな変化を工夫してみるのも一つの方法です。

 

うつ病になる可能性も

貧すれば鈍するという言葉があるように、体と頭の動きが悪くなると良い発想や活力なんて生まれません。

最悪パターンはいずれそのマイナス要因が鬱積し、解消できなくなり貴方の体を蝕むことになります。

自律神経失調症やそのた精神の病にかからないよう気をつけましょう。

 

 

何事もポジティブに考えよう

 

落ち込まない

孤独感・疎外感を感じた時、急激に落ち込まないでください。

長い人生、こんな時もあるくらいの明るい気持ちでさらっと乗り越えましょう。

 

この機会をチャンスと考える

この機会が自分を見つめ直すいい機会になるのですから、貴方はこの機会に感謝すべきです。

決して急に落ち込んだり、マイナス要因ばかり見つけて自己嫌悪に陥ったりしないでください。

 

人間として成長する機会

人は孤独感・疎外感を感じると不安になり、その不安が長引くと精神的にもろくなります。

孤独感・疎外感から逃げるのではなく、真正面から向き合って貴方自身で克服することによって人間として貴方は大きく成長するのです。

 

 

他人に依存しない

 

克服するのは自分自身

孤独感・疎外感を克服するのは他人ではなく貴方自身です。

他人から影響をもらうことはあっても他人が貴方を変えることはできません。

難局を打開するのは貴方自身なのです。

人に相談したりアドバイスを受けるのはいいことですが、あくまで一般的な参考として捉えましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は「孤独感・疎外感を感じたら?うつの前兆?」について考えてみました。誰でも孤独感・疎外感を感じたりするものですが、克服するのはあなた自身です。

広告