日ハム・ファイターズのキツネダンス! 元祖の来日で札幌ドームは大盛りあがり? | Mayfair

日ハム・ファイターズのキツネダンス! 元祖の来日で札幌ドームは大盛りあがり?

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ

今年、札幌ドームで流行ったあの曲とダンスを皆様御存知でしょうか?

新庄監督率いる日本ハム・ファイターズの本拠地札幌ドームのゲーム前とゲームの休憩時にファイターズガールが踊るあの曲、そう「キツネダンス」です。

今回は今話題の「キツネダンス」について触れてみましょう。

スポンサーリンク

キツネダンスとは?

今、話題のきつねダンスは2022年3月31日に初披露されました。

発案者は、元ファイターズガールで現在球団職員の尾暮沙織さんで、ダンスを披露するときはきつねの「みみカチューシャ」と「しっぽ」を付け、キツネを模した手つきや振り付けをして踊ります。

日本ハム「きつねダンス」がここまで流行る理由
2022年のプロ野球前半戦について「ファンサービス特別賞」のような枠があるとして、私が審査員なら、北海道日本ハムファイターズの通称「きつねダンス」に授与したいと思う。プロ野球ファン以外の方には、いまだ、…

きっかけは、新庄剛志が新監督に就任するタイミングで、同球団のマスコットでキタキツネをモチーフとした「フレップ」が主役となる出し物として提案されたといわれています。

当初はそれほど注目されなかったが、独特なメロディーとシンプルな振り付けは徐々に人気が出だし2022年夏頃に大きな人気を集めることとなった。

狐ダンスの曲はノルウェー産だった?

日本ハムファイターズを応援するファイターズガールが札幌ドームで踊る「きつねダンス」!

【日本ハム】「きつねダンス」原曲歌うYlvisがノルウェーから初来日 9・19試合前に歌唱 - プロ野球 : 日刊スポーツ
球界の話題をさらっている日本ハムの「きつねダンス」ファン必見のイベントが、満を持して実施されることが決まった。同ダンスの原曲「The Fox」を歌うノルウェー… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

実はこの曲はノルウェーのイルヴィス(Ylvis)が歌う『The Fox』(ザ・フォックス)という楽曲で『What Does The Fox Say?』(ホワット・ダズ・ザ・フォックス・セイ?)という曲名です。

意外や意外、この曲はノルウェー国内のテレビ番組宣伝用として2012年8月にリリースされたもので、YouTubeに投稿されると、2か月で1億2000万回を超える再生回数を記録しました。

2022年8月現在でYouTube再生回数は10億回を超えています。

歌詞の意味・和訳(意訳)

ではここで曲のタイトルと歌詞(和訳)を紹介することにいたしましょう。

The Fox(What Does The Fox Say?)』

作詞・作曲: Bård Ylvisåker, Vegard Ylvisåker, Christian Løchstøer, Tor Erik Hermansen, Mikkel S. Eriksen, Nicholas Boundy

Dog goes “woof”
Cat goes “meow”
Bird goes “tweet”
And mouse goes “squeek”

犬はウーフと鳴き、猫はミャオと鳴く。鳥はトゥイートと鳴き、ネズミはスクィークと鳴く。

Cow goes “moo”
Frog goes “croak”
And the elephant goes “toot”

牛はムーと鳴き、カエルはクロークと鳴き、そしてゾウはトゥートゥ。

Ducks say “quack”
And fish go “blub”
And the seal goes “ow ow ow”

アヒルはクワッと鳴き、魚はブラブと鳴き、そしてアザラシはアウアウ。

But there’s one sound
That no one knows
What does the fox say?

もう一つあるよ・・・キツネはなんて鳴くか誰も知らないよね。

“Ring-ding-ding-ding-dingeringeding!
Gering-ding-ding-ding-dingeringeding!
Gering-ding-ding-ding-dingeringeding!”
What the fox say?

リンディンディンディン、ディンガリンガディン・・・・

キツネはなんて鳴くんだ?

“Wa-pa-pa-pa-pa-pa-pow!
Wa-pa-pa-pa-pa-pa-pow!
Wa-pa-pa-pa-pa-pa-pow!”
What the fox say?

ワパパパ パパパゥ、ワパパパ パパパゥ・・・・

キツネはなんて鳴くんだ?

“Hatee-hatee-hatee-ho!
Hatee-hatee-hatee-ho!
Hatee-hatee-hatee-ho!”
What the fox say?

ハッティ ハッティ ハッティホー、ハッティ ハッティ ハッティホー・・・


キツネは何て鳴くんだ?

“Joff-tchoff-tchoffo-tchoffo-tchoff!
Tchoff-tchoff-tchoffo-tchoffo-tchoff!
Joff-tchoff-tchoffo-tchoffo-tchoff!”
What the fox say?

ヨッフ チョッフ チョッフォ、チョッフォ チョッフ・・・・

キツネは何て鳴くんだ?

Big blue eyes
Pointy nose
Chasing mice
And digging holes

大きな青い目、突き出た鼻でネズミを追いかけて、穴を掘る

Tiny paws
Up the hill
Suddenly you’re standing still

ちっちゃな足で丘を登り、突然じっと立ちどまる

Your fur is red
So beautiful
Like an angel in disguise

毛並みは赤くてとても美しい、天使が変装したみたい

But if you meet
A friendly horse

Will you communicate by
Mo-o-o-o-orse?
Mo-o-o-o-orse?
Mo-o-o-o-orse?

How will you speak to that
Ho-o-o-o-orse?
Ho-o-o-o-orse?
Ho-o-o-o-orse?

What does the fox say?

でももし君が仲のいい馬に出会って言葉を交わすとしたら

モォ オッ オッ オッ オルス・・・

どうやって話しかけるの?
ホォ オッ オッ オッ オルス・・・

キツネは何て鳴くんだ?

“Jacha-chacha-chacha-chow!
Chacha-chacha-chacha-chow!
Chacha-chacha-chacha-chow!”
What the fox say?

ジャチャ チャチャ チャチャ チャウ

キツネは何て鳴くんだ?

“Fraka-kaka-kaka-kaka-kow!
Fraka-kaka-kaka-kaka-kow!
Fraka-kaka-kaka-kaka-kow!”
What the fox say?

フラッカ カッカ カッカ カッカ カウ

キツネは何て鳴くんだ?

“A-hee-ahee ha-hee!
A-hee-ahee ha-hee!
A-hee-ahee ha-hee!”
What the fox say?

アーヒィ アーヒィ ハーッヒィ

キツネは何て鳴くんだ?

“A-oo-oo-oo-ooo!
Woo-oo-oo-ooo!”
What does the fox say?

アーウゥ ウゥ ウゥ ウゥー

キツネは何て鳴くんだ?

The secret of the fox
Ancient mystery
Somewhere deep in the woods
I know you’re hiding

キツネの秘密は古代のミステリー、知ってるよどこか森の奥深くに君は隠れてる

What is your sound?
Will we ever know?
Will always be a mystery
What do you say?

君の音は何だろう?
神秘的なその声をいつか僕らは知るだろうか?
君は何て鳴くんだろう?

You’re my guardian angel
Hiding in the woods
What is your sound?

(Wa-wa-way-do
wub-wid-bid-dum-way-do
wa-wa-way-do)

君は森の奥に隠れる僕のガーディアン・エンジェル

君の音は何だろう?

ワ ワ ウェイ ドゥ
ワッブ ウィッド ビッド

Will we ever know? (Bay-budabud-dum-bam)
I want to (Mama-dum-day-do)
I want to, I want to know!
(Abay-ba-da bum-bum bay-do)

いつか僕らは知るだろうか?

僕は、僕は 僕は知りたい!
(アベイ バダ バンバン ベイドゥ)

まとめ

いかがでしょうか。

今回は今話題の「キツネダンス」について触れてみました。

日本ハム・ファイターズの本拠地が来年から札幌ドームを離れ、新ドームに移りますが「キツネダンス」は引き続き私達を楽しませて頂きたいものです。

コメント