カビの種類は?カビ対策グッズと心がけは?

広告

 

梅雨のシーズンになると気になるのがカビですね。発生したカビをそのままにしておくと体調に影響が出たりすることがあります。今回はカビの種類と発生原因、対策グッズを紹介します。

 

まずはカビを知ろう!

カビは3万種類?

adege / Pixabay

カビは地球上に存在する微生物の中で約36%を占めており、少なく見積もってもその種類は約3万種類をくだらないともいわれております。

広告

カビは「真菌」というグループに属する「糸状菌」という微生物でキノコや酵母もこの仲間です。

 

 

 

主なカビを紹介します!

 

青カビ

チーズにもよく発生するカビでビロード状に広がり、他にはみかんなどに発生したりします。

私たちの身近な発生場所として、パン、お餅、チーズ、ミカンなど食物に多く発生しますが、 種類によっては家具や押し入れ、畳にも発生したりします。

 

 

黒カビ

日本では最も広く知れ渡っているカビで、湿気が多いところに生えるカビです。

色は黒で最も繁殖率の高いカビでアレルギーを引き起こす原因にもなるやっかいなカビです。浴室や部屋の壁、野菜類や衣服などに多く発生します。

 

 

赤カビ

古くなったパンやごはんなどに生えてくる赤色がかったカビが赤カビです。

赤カビは畑などの土に多く生息し麦やトウモロコシに発生したりします。

赤カビは、桃色、紫、薄黄色、赤など様々な色として現れます。

青カビの生えた食べ物は食べても大丈夫ですが、赤カビが生えた食べ物は絶対に食べないようにしてください。

 

ススカビ

スズカビは果物類やうどんなどによく見られるカビで灰黒色、綿毛状のカビです。

スズカビはプラスチックを腐らせるほどの強い力を持ち、喘息を引き起こすことがあります。発生する場所としては、ビニールクロス、シャワーカーテン、クーラー内部、椅子やタンスの裏側、衣服です。

 

カビが発生する環境は?

高温多湿である日本はカビが大好きな環境です。

カビは湿度、温度、酸素、栄養(有機物)などの条件さえ整えばどんな場所でも発生します。

カビ発生の初期は胞子が発生し菌糸体へと成長します。

その菌糸体が群がるとやがて私たちの肉眼でも見えるように成長します。

カビは日があまりあたらなく、窓や扉を閉めっぱなしのお部屋などを好み、ワンルームや間取りの狭いマンションなどではカビにとって格好の環境となります。

 

人間に役立つカビ?

近い将来には20万種類を超えると予測されているカビですが、その中には医薬品や食品、調味料などに使用されるなど私たちの生活に役立っているカビがあります。

日本の食文化の中で代表的なお酒、焼酎、納豆、醤油、鰹節、漬物などはカビを利用しています。

外国ではヨーグルトやチーズ、ワインなどは日本でも馴染みのある食べ物になっていますね。

 

 

カビ対策グッズ7選の紹介

木炭

カビ対策といえば昔ながらのアイテムである木炭です。

匂い消しや除湿効果などに万能な木炭はカビ退治にも力を発揮します。

人体に優しい木炭は、イヤな臭いも同時に吸収してくれます。

万能アイテムである木炭は最近はホームセンターや100円ショップなどでも入手できるようになりました。

 

乾燥剤

基本的な機能は木炭とほとんど同じですが、乾燥剤は強力な除湿効果があります。

使い方としては衣類が入っているクローゼットや下駄箱など特に気になるところに置くだけでカビ対策になります。

最近の乾燥剤は、除湿効果だけではなく脱臭効果もありそのうえカビ対策にも十分に効果を発揮します。

 

重曹

重曹は家具や食器などの汚れ落としとして最近注目を浴びています。

また、アルカリ性である重曹はカビ自体を寄せ付けない効果があります。

カビ予防としての重曹の使い方は簡単です。木炭や乾燥剤と同じように器に入れてカビが発生しそうな場所に置くだけでOKです。

 

新聞紙

何かと便利な新聞紙を紹介します。

畳やフローリングに直接布団を敷いている方は新聞紙を敷いてみてはいかがでしょうか。

人は睡眠時に汗は意外と多いのをご存知ですか?

その汗が布団を通って畳やフローリングに付着するとカビ発生の原因となります。

特に子どもは汗をかくので新聞紙がカビ予防の効果を発揮します。

 

すのこ

通気性の良いすのこはカビ対策には欠かせないアイテムとなります。

すのこは薄いきの板をすきまを開けて並べたもので、押し入れや敷布団の下に敷いて使います。

すのこは通気性をよくする効果と水分を吸い取る効果があるのでカビ対策には欠かせません。

すのこは最近、ホームセンターなどで人気の商品になっています。

 

タイルバスマット

おふろ場やキッチンの足元は水が溜まりやすい場所になってしまいます。

布製のバスマットやキッチンマットはどうしても水分を吸収してしまいカビが発生しやすくなります。

反面タイルバスマットは水分を吸収してくれるのでおふろ場だけではなくキッチンの足元に敷くとサラサラになりカビ発生を防ぐ効果があります。

 

除湿器

カビ対策としてありがたいのが除湿器ですが、実は万能ではありません。

除湿器は温かくて湿った空気を取り込み内部で冷やす機能ですが、意外と電気を消費するので電気代が高くなります。

夏場は除湿器の代わりとしてエアコンの室温を下げることで除湿になります。

 

 

 

 

お金のかからないカビ予防法は?

湿気対策4つの心がけ

扉を解放する

キッチンで最も湿気がこもる場所はシンクの下です。シンク下は排水パイプを通じて熱が伝わるのでカビが生える条件がそろっています。シンクの下に湿気が滞留しないよう定期的に扉を解放し換気するようにしましょう。シンクだけではなく物置きや小部屋などの扉は定期的に開放し、外気を取り入れるようにしましょう。

定期的に「干す」

体から出た汗を含んだ布団を毎日しまっている押し入れは湿気がこもりやすい場所です。湿った布団を押し入れにいれたままではカビ発生の原因になります。天気の良い日はなるべく布団をに干すようにしましょう。梅雨時などは外で干せない場合は布団乾燥機を活用しましょう。

衣類は完全に「乾かす」

脱いだあとの衣類は体温で温まっており湿気も残っています。カビ対策のために脱いだあとの衣類を風通しのいい場所にかけてすこし時間が経った後クローゼットにしまう習慣をつけましょう。また、クローゼットに除湿剤を入れたり、天気の良い日にはクローゼットを全開にしてカビが発生しない環境作りをしましょう。

風通しを良くする

湿気対策は家屋全体の換気を定期的に行うことが大切で、窓やドアをすべて空けて空気の入れ替えを行いましょう。家の窓を全開にして風通しを良くすることは家屋全体の湿気を追い出すことができます。カビ発生の基本原因は湿気がこもったうえ、空気の流れが止まっているからです。年間を通じてどの季節でも窓を全開にして外気を通すことを忘れないでください。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。今回はカビの種類は?カビ対策グッズと心がけは?についてまとめてみました。高温多湿な気候の日本は湿気が溜まりやすくカビ発生の条件が整っているのがわかりました。

広告